ID : Pass :  | register
メインメニュー
     
お問い合わせは・・・

 足立コミュニティFMフォーラム 050-3593-5855

最後にこのページをご覧になって興味をお持ちになりましたら、
下記のお問い合わせフォームへご連絡をください。
(皆さんのご意見・ご感想をどうぞ!)

全国のコミュニティ放送局に関する情報
全国のコミュニティ放送局に関する情報 : 新川崎放送協会 登戸に来春開局へ -多摩区・麻生区で新ラジオ-
投稿者 : floppy0319 投稿日時: 2017-09-15 13:28:48 (456 ヒット)

タウンニュースの記事から、多摩区、麻生区を主な対象にしたラジオ局「エフエムエーティー」(FMAT)の開局に向け、NPO法人新川崎放送協会が登戸地区への放送局開設を検討、調整している。同会では開局資金の目標額5千万円を年末までに確保し、来年4月1日の放送開始を目指す。

 「日本で一番面白いコミュニティFM」をテーマに、市民グループの新川崎放送協会を設立したインターネットラジオ「ピテラジ」東京支部長の加藤寛理(ひろまさ)さん(33)=西生田在住=と、劇団代表の出浦啓介さん(38)。2人は共同代表として、出浦さんが番組構成と演出、加藤さんが編成以外の全てを統括する計画だ。


2区密着 足で稼ぐ

 来春に向けた準備、活動の軸は資金集めと(番組進行役の)パーソナリティー募集だという。「開局2年目までは、団体や企業など地元のあらゆる所を回って売上増につなげたい」と加藤さん。30年来、ラジオを聴き続けている出浦さんは「外回りのレポートで多摩区、麻生区の現場を日中に1日1回は必ず訪問する」と番組制作への意欲を語る。

 聴取率の目安は大手局で1%、コミュニティ局で0・1%と言われる中、「2区とその周辺地区でおよそ人口50万人。そのうち約千人にあたる聴取率0・2%以上を目指す」と2人は意気込む。

 2区で電波がより受信できるように、同会は放送局に必要な演奏所(スタジオ)と送信所(アンテナ)の設置場所を検討。シミュレーション調査の結果、登戸地区が最良と判断された。

 同会は6月末にNPO法人化し、現在は20代から30代を中心にしたメンバー14人が在籍する。開局に向け、パーソナリティー候補やボランティアスタッフを募り、メンバーを50人以上に増やしたいとしている。

 開局資金の想定は1年目の人件費等が約1千万円、機材やスタジオ工事費が約4千万円。収益試算では放送枠やCM枠、時報枠の販売、パーソナリティー養成講座の開講などを収益の柱にし、主要サービスの30%販売で年商約9800万円を見込んでいる。



 同会の詳細はウェブサイト(【URL】 http://fmat.jp)。

 


印刷用ページ このニュースを友達に送る

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
 
     
pagetop