返礼品はFM番組制作…ふるさと納税(三重県鈴鹿市)

投稿日時 2017-09-13 16:36:16 | カテゴリ: 全国のコミュニティ放送局に関する情報

読売新聞の記事から、鈴鹿市のふるさと納税「すずか応援寄付金」の返礼品に、今月から、地元コミュニティーFM局「鈴鹿ヴォイスFM」でラジオ番組を自分で制作、放送できる企画が加わった。ふるさと納税の一括代行業者「さとふる」(東京)によると、ラジオ出演の返礼品は珍しいという。

 番組の時間と放送は寄付金額に応じて3種類。〈1〉15分番組を月1回1年間放送(寄付額33万円)〈2〉鈴鹿サーキットで行われるF1日本GPなど五つのレースのうち一つを選び、開催期間中に30分番組を1回放送(同28万円)〈3〉同五つのレースごとに15分番組を各1回放送(同68万円)がある。モータースポーツのまち・鈴鹿発の番組で、社会倫理や放送基準に反しなければ、内容は自由だ。

 さとふるが扱うラジオ出演の返礼品は、他に大阪府枚方市の「あなたの歌声を放送します」があるくらい。同社の担当者は「他社については把握していないが、当社として鈴鹿市は2例目」と話す。

 申し込みは、ふるさと納税サイト「さとふる」で「鈴鹿 FM」と検索。市ホームページからも申し込める。

 鈴鹿ヴォイスFMを運営する「鈴鹿メディアパーク」の加藤正彦社長は「地元ラジオ局として鈴鹿を市外にアピールしたい。参加型の企画で、ラジオの可能性や楽しみを知ってもらえれば」と話している。

 






足立コミュニティFMフォーラムにて更に多くのニュース記事をよむことができます
http://adachifm.jp

このニュース記事が掲載されているURL:
http://adachifm.jp/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=479