ID : Pass :  | register
メインメニュー
     
お問い合わせは・・・

 足立コミュニティFMフォーラム 050-3593-5855

最後にこのページをご覧になって興味をお持ちになりましたら、
下記のお問い合わせフォームへご連絡をください。
(皆さんのご意見・ご感想をどうぞ!)

  
投稿者 : floppy0319 投稿日時: 2010-10-13 10:54:17 (945 ヒット)

 神奈川県タウンニュース社の記事によりますと、神奈川県横浜市戸塚区のコミュニティ放送局「エフエム戸塚」が10月10日からインターネットでの番組配信を始めた。

 通常の放送内容をリアルタイムに配信。聴く方法は、同放送局ホームページ内(http://www.fm-totsuka.com/)のバナー「サイマルラジオ」から「関東」欄の同放送局をクリック。

 戸塚区はアップダウンの多い土地柄、電波が入らず番組が聴けない場所も複数あるため、今回のネット配信開始が障害の解消に役立ちそうだ。

 


投稿者 : floppy0319 投稿日時: 2010-10-06 10:08:22 (993 ヒット)

 東京新聞の記事より、武蔵野、西東京、調布の各市を放送エリアとするコミュニティ放送3局が共同で制作するラジオ番組「ハッピーう?たん」(平日午前11時?正午)が今月から放送を開始した。住民の生活エリアが重なる多摩東部を一体ととらえ、これまでの番組にはなかった広域的な情報を届けるため、3局が“多摩力”を結集する。

 放送初日の1日は、子育て中のママ、俳優、アナウンサーと多彩なパーソナリティー六人が一堂に会し、武蔵野商工会館一階から生放送。市民スタッフとの中継や、人生の大先輩へのインタビューなどで構成された一時間の放送が終わると、全員が満足そうな笑顔を見せた。

 同番組を制作しているのはFM西東京(西東京市)、むさしのFM(武蔵野市)、調布FM(調布市)と、化粧品製造販売の「あきゅらいず美養品」。二月に目黒区から三鷹市に移転してきた同社の松本毅史副社長が、地域とのつながりを深めようと出席した会合で、FM西東京の有賀達郎社長と出会ったのが、番組誕生のきっかけだった。

 「地域とともにある会社でありたい。何かできないか」という松本さんに、有賀さんがラジオ番組を提案した。同社がスポンサーとなり、初めての三局合同の生放送番組を制作することになった。

 番組は、市民がスタッフとなり、情報集めや現場からのリポートをする。これまで約百人の市民がスタッフ登録し、三十人以上がリポート研修を受けた。

 通常放送となる四日からは、毎日二人のパーソナリティーが、月曜から曜日ごとに「育」「食」「学」「体」「楽」をテーマに放送する。番組の概要はホームページ http://www.happy-utan.com で紹介しているほか、インターネットの同時放送もあり、受信エリア外でも聴くことができる。


投稿者 : floppy0319 投稿日時: 2010-10-02 15:23:12 (1320 ヒット)

 長野県東御市のコミュニティ放送局『エフエムとうみ』(周波数78・5MHz)が10月3日、開局する。

 先月中旬、総務省信越総合通信局からコミュニティ放送の無線局免許の交付を受けて、スタッフらが本番開始に向け、最後の準備に追われています。

 『エフエムとうみ』はFM放送として、行政情報やタウン情報、気象・交通情報、市内のイベントの案内や中継などの生活関連情報をメインに、これまで行政情報などを発信してきた有線放送やオフトーク通信に代わり、地域の緊急情報、防災メディアの役割も果たす。放送時間は午前7時?午後9時。番組はすべて自主制作、生放送で運営する。資本金は2千万円とし、東御市を含む47の法人や個人などが株主となり、今後さらに増資する予定という。

 パーソナリティーは、開局に合わせて採用した30代が中心の男女7人が務め、社員2人も加わる。開局日時は市の記念日である「東御(とうみ)の日(10月3日)」の午前10時3分とした。


投稿者 : floppy0319 投稿日時: 2010-09-29 18:17:20 (1030 ヒット)

 毎日新聞の記事によりますと、佐伯市の一部区域を対象に、地域情報を提供するコミュニティーFM「FMさいき」が11月中にも開局する予定である。新たに設立された運営会社「さいき市民放送」(御手洗和子社長)が9月21日、九州総合通信局に放送に向けた本申請を行い、受理された。県内では「FMなかつ」に次いで2局目のコミュニティ放送局となる。

 同社の開局準備室によると、同市長良の波越山(標高370メートル)から出力20Wで送信。半径20キロ内に電波が届き、同市内の70%(旧市内は100%)の世帯をカバーするという。

 毎日24時間放送で、深夜帯の午後10時?翌朝7時は東京のFM局から番組を購入する。他の時間は自主番組を製作。地域に密着したニュースや交通情報、天気予報、観光情報などの番組を予定している。これまでにスポンサーも約20社から内諾を得ているという。

 災害時の情報伝達に威力を発揮するコミュニティ放送局の特徴を生かし、開局と同時に市と協定を結び、災害時等は緊急放送に切り替えて行う予定。


« 1 ... 15 16 17 (18)
 
     
pagetop