ID : Pass :  | register
メインメニュー
     
お問い合わせは・・・

 足立コミュニティFMフォーラム 050-3593-5855

最後にこのページをご覧になって興味をお持ちになりましたら、
下記のお問い合わせフォームへご連絡をください。
(皆さんのご意見・ご感想をどうぞ!)

  
投稿者 : floppy0319 投稿日時: 2010-11-12 21:54:29 (720 ヒット)
足立区の情報から

産経新聞の記事から、東京都足立区は11月から、東武伊勢崎線西新井駅と竹ノ塚駅の周辺を禁煙区域に指定し、路上での喫煙者に罰金1000円を科す取り組みを始めた。区の指導員らが巡回し、喫煙者を見つけたら、その場で現金納付を求める。

北千住駅、綾瀬駅に続く3、4例目。平成10年、条例で美化を推進したが、たばこの吸い殻の散乱が減らず、18年に喫煙に関する規定を加えた。同区は「北千住、綾瀬駅では路上喫煙者が約8割減少した」と効果に期待をしている。


投稿者 : floppy0319 投稿日時: 2010-11-03 14:05:25 (892 ヒット)
足立区の情報から

 毎日新聞の記事から、いざというときに、自分の身を守れる知識や技能を身につけてもらおう??。東京都足立区の区立西新井第一小学校(牛山英一校長)は、西新井消防署と連携し、児童の防災意識向上に取り組んでいる。

 総務省消防庁が推進する「地域防災スクールモデル事業」の実施校で、09年度から3年計画で実施。主に低学年は地震や火災の知識を学び、高学年は実践的な内容を扱う。5年生は地域の危険個所を把握する防災マップをまとめ、6年生はAED(自動体外式除細動器)の使い方や人工呼吸の方法の講習を受ける。

 同小は6年前から防災や安全教育に取り組み、児童の登下校を見守る「83(ハチサン)運動」などにも力を入れてきた。防災への取り組みについて、牛山校長は「防災の知識があれば、他人に対する思いやりも生まれる。将来は地域防災の担い手になってくれれば」と期待する。

 避難所の運営訓練などには、区役所や町会・自治会、消防団、PTA、ボランティアも参加し、地域ぐるみで防災力を高めている。指導する西新井消防署警防課の加藤正美・生活安全担当係長は「人を助けようという心を養うことが防災につながる。地域の人も巻き込んで、輪を広げたい」と話す。


投稿者 : floppy0319 投稿日時: 2010-10-23 17:24:40 (1223 ヒット)
足立区の情報から

 毎日新聞の記事によると、オウム真理教の教団主流派で構成する宗教団体「アレフ」の関連会社が足立区内で施設を建設している問題で、同区議会は22日、「反社会的団体の規制に関する条例」案を全会一致で可決、即日施行した。これにより区はアレフなどに対して活動報告を義務づけ、立ち入り調査や立ち退き命令を出したりすることができる。建設中の施設がアレフの活動拠点にならないよう、区が予防策を講じた形だ。

 条例の規制対象は団体規制法に基づく観察処分を受けた団体。区によると、このような団体を地方自治体が規制する条例は全国初という。現時点で対象となるのは教団から分裂した「アレフ」と「ひかりの輪」の2団体。

 条例成立を受け、近藤弥生区長は同日、「私たちのまちにオウムは要らない」と記したのぼりをバックに会見。「何としても転入を阻止し、区民のみなさんの不安を払しょくしたい。私たちは毅然(きぜん)と反社会団体を拒絶する姿勢をとる」と述べた。また、「(同条例がなければ)阻止する手段がほとんど皆無」と指摘。「国は反社会的団体の進出を阻止する抜本的な法整備をしてほしい」と話した。


投稿者 : floppy0319 投稿日時: 2010-10-22 17:34:06 (1687 ヒット)
足立区の情報から

 産経新聞の記事によると、東京都足立区は、平成24年4月に区立幼稚園と区立保育園を統合し、幼児教育と保育の機能を合わせ持つ「こども園」を開設する方向で検討を進めている。小1プロブレムと呼ばれる小学校へ入学する際の子供の課題を解決するため、大学などと連携して、幼児教育からスムーズに移行できるようなプログラムの開発をテーマとしているのが特徴となっている。

 足立区によると、認定こども園は全国で約350園ほど開設されており、都内には4月1日現在、51園設置されている。

 足立区がこども園を開設するのは、(1)元宿幼稚園と元町保育園を統合(2)鹿浜幼稚園と鹿浜保育園を統合(3)おおやた幼保園の3カ所。

 区によると、小学校に入学した子供たちの一部は「45分の授業中、じっといすに座っていられない」「鉛筆やはし、ボールをきちんと持てない」「先生や友だちと話をしたり、聞くことができない」などの問題を抱えている。以前なら家庭で身についていた生活の基本ができないため、学校生活になじめず、結果として苦しむ子がいる。

 こども園を開設するのは、このような問題を一刻も早く解消するプログラムを開発したいという願いからだ。

 区では数年前から、幼稚園・保育園と小学校のブロック会議を開いており、小学校側から「(入学の時点で)こういうことができると助かる」などの情報の共有化を図っている。

 元宿幼稚園と元町保育園のケースでは、帝京科学大学と連携。鹿浜幼稚園・保育園については、北鹿浜小学校と交流を深めることで、どうすれば小学校の勉強にスムーズに入っていけるかを模索する。おおやた幼保園では、1歳児から就学前までの一貫した保育・教育プログラムを開発する計画となっている。

 市川保夫子ども家庭課長は「こども園で基礎をつくって、小学校に入学後すぐに勉強ができる環境をつくりたい。プログラムができたら、区内のほかの幼稚園や保育園にも提供し、実践してもらうことを考えている」と話している。


認定こども園

 都市部の保育園不足と、幼稚園の定員割れを解消し、就学前の子供への教育・保育や保護者への子育て支援を総合的に行う施設。18年10月、法律が公布され、設置が可能になった。国では親の労働の有無にかかわらず、利用できる。都道府県知事が認定する。国はすべての幼稚園、保育所を一元化して「こども園」とする方針を打ち出しており、年内にも一定の結論を出す。

 


投稿者 : floppy0319 投稿日時: 2010-10-18 17:46:11 (1541 ヒット)
足立区の情報から

 LNEWSの記事によると、庄やグループの株式会社大庄は9月末に、新物流センターを建設するために東京都足立区北部流通団地に約3000坪の土地を取得した。

現在の品川物流センターを中心としたグループ内の配送拠点を集約し、物流業務を効率化するという。

生鮮三品に酒・飲料類を含めた総合食材卸売会社として全温度帯食材の一括販売・配送を実現し、卸売事業を第2の柱事業にする計画だ。


 


« 1 ... 5 6 7 (8)
 
     
pagetop