コミュニティ放送局は、市区町村内の一部の地域において、地域に密着した情報を提供するため、平成4年1月に制度化された超短波放送局(FM放送局)です。

 「コミュニティFM」や「地域FM」とも呼ばれています。従来のFMの放送対象地域である広域放送や県域放送より狭く、小規模のイベントや場内放送などで用いられるミニFMより広い範囲で活用される放送制度。

 コミュニティ放送局は、空中線電力が20W以下で必要な放送エリアをカバーできる必要最小限のものとしており、総務大臣の免許を受けて運用される民間の放送局です。その放送単位のサイズから地域の特色を生かした番組などを通じて地域のきめ細かな情報を発信する事ができるので、豊かで安全な街づくりに貢献できる放送局となっています。

 すなわち、市区町村又は政令指定都市の行政区内の一部の地域(隣接地域を含む場合あり)を放送対象地域とする放送である。全てVHF(超短波)の放送帯(76.0から90.0MHz)の中の周波数を使用し、電波形式はFM(周波数変調方式)が使われているため、市販のFM対応ラジオで聴取できる。